ホーム > 広報 > 県民の皆さまへのお願い - 新型コロナ感染拡大防止

県民の皆さまへのお願い - 新型コロナ感染拡大防止

県民の皆さまへ


  • 12月22日(知事メッセージ)

感染拡大防止対策特別メッセージ

 県内では、新規感染症患者が多い状況が続いており、このまま感染拡大が続くと、保健・医療体制や一般医療に大きな影響が及ぶことが懸念されます。特に、年末年始は、忘・新年会や各種イベント、帰省などで、人の流れや人同士の接触機会が増加する時期であり、特別メッセージとして、改めて、感染防止対策や感染時の対応の徹底について強くお願いします。

 ワクチン接種は、ご自身のみならず、御家族や高齢者等の重症化リスクの高い方を守ることにつながります。お手元に届いている接種券オミクロン株に対応したワクチン接種ができますので、速やかな接種をご検討ください
新型コロナウイルスワクチンの接種について(保健衛生課)

 年末年始は人の流れや人同士の接触機会が増えます。
 これまで以上に感染防止対策を徹底し、感染しない・させない取組を徹底してください
◯マスクの適切な着用や換気など、場面に応じてしっかりと対策をとる
◯熱、のど、せきなどの症状がある場合は 、出勤・登校・外出を控える
会食等は、できるだけ少人数・短時間を基本とし、会話時に必ずマスクを着用する
イベント等に出向く場合は、その前後の移動や飲食等も含め、人混みを避け、感染リスクが高まる行動を控える

 帰省や旅行の際には、その前後等に無料検査を活用してください。家族や親戚であっても普段一緒にいない方、特に、高齢者や基礎疾患のある方等と接する場合は事前の検査を行うようお願いします。
◯感染不安を感じる県民の方向けの「無料のPCR等検査」1月末まで延長
【PCR検査等無料化事業】無料検査について(保健衛生課)

感染した場合に備え、市販の解熱剤等や飲食料品を準備してください。また、感染した場合は、
◯重症化リスクの低い有症状の方は、青森県臨時Webキット検査センターを活用してください。
◯自宅療養の際、発熱等があっても、症状が軽く、意識がしっかりしていて、飲食ができるときは、市販の解熱剤等を服用して療養し、必要に応じて青森県自宅療養者サポートセンター等で電話診療を受けてください。
意識障害や呼吸困難の症状がある方は、すぐに救急車を呼んでください。ただし、症状が軽い方は、外来受診を目的とした救急車の要請を控えてください。
◯その他、コロナに関する全般的なことは、青森県新型コロナウイルス感染症コールセンター(0120-123-801)にお問合せください(24時間対応)。
発熱等の症状がある方、陽性となった方、濃厚接触者等になった方向けの情報(保健衛生課)

 季節性インフルエンザについて、令和元年10月以来3年ぶりに流行入りしました。季節性インフルエンザの感染防止のためにも、マスクの着用や手指消毒、こまめな換気といった基本的な対策を徹底するようお願いします。
インフルエンザに注意しましょう!(保健衛生課)
新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えた対応について(保健衛生課)

 感染拡大を抑えていくためには、県民の皆さま方の感染防止対策の積み重ねが本当に大きな力となります。
 引き続き、お一人お一人がお互いを思い、守り合う気持ちで、必要な感染防止対策を徹底するよう重ねてお願い申し上げます。


コロナを乗り越えよう!~青森県からのお願い2022冬~

県民の皆さまへ 感染症患者発生報告 教えて!大西先生!! 関連ページ

新型コロナウイルス感染症患者発生報告

教えて!大西先生!!(あおもりオベーション)

青森県感染症対策コーディネーターの大西基喜先生が、新型コロナウイルス感染症やその予防策について解説しています。
【7月12日更新】「夏のコロナ対策、暑さに気をつけよう!」(30秒CM)を追加しました。

  • 夏のコロナ対策、暑さに気をつけよう!
  • 若い人も要注意!変異株編
  • 油断大敵!こんな時も気をつけよう編
  • マスクは周囲への思いやり編
  • 手洗い・消毒編
  • 換気・ソーシャルディスタンシング編
  • 食と観光編
  • 備えよう!避難所での感染予防対策編
  • 新型コロナウイルス感染症の検査を知ろう編
  • 感染者が出たとしても過度の心配は逆効果!編
  • 誹謗中傷はやめよう編

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする