ホーム > 組織でさがす > 健康医療福祉部 > 青森県立精神保健福祉センター > 教育研修のごあんない

関連分野

更新日付:2024年6月11日 青森県立精神保健福祉センター

教育研修のごあんない

青森県立精神保健福祉センターでは、青森県内の保健所・市町村や障害福祉サービス事業所等に従事する職員に対して、精神保健福祉に関する知識の習得と技術の向上を図ることを目的に、専門的研修を行っています。
令和6年度の計画については下記のとおりです。
令和6年度 教育研修
研修名 実施日及び場所 対象者 目的及び講師
1.精神保健福祉担当職員研修
(本研修は終了しました)
令和6年5月29日(水)

オンライン開催
※終了しました
市町村、福祉事務所、保健所の精神保健福祉業務を担当する職員 等 住民にとって身近な機関である市町村及び保健所職員等が精神保健福祉行政の最新の動向に関する知見や、支援者の役割について考える機会を得る。

青森県障がい福祉課 総括主幹 工藤 雄一 氏
青森県立精神保健福祉センター 相談指導課長 小島 考将
青森県立精神保健福祉センター 所長 田中 治
2.精神保健福祉総合研修 調整中 市町村職員(保健師、精神保健福祉士、ケースワーカー等)、県関係機関職員、精神科病院職員 等 精神保健福祉に関する実践的かつ具体的な知識と技術の習得を図る。
3.思春期問題研修 調整中 市町村、保健所、福祉事務所、児童相談所、県内中学校及び高等学校の養護教諭 40名程度 児童・思春期相談に関する知識と理解を深め、支援方法等の実際を学び、支援技術の向上を図る。

4.ひきこもり支援者研修会 調整中 市町村、保健所等でひきこもりの相談を担当する職員や支援者
50名程度
ひきこもりの基礎知識や支援方法について学び、支援技術の向上を図る。
5.自殺対策従事者スキルアップ研修 調整中 市町村、保健所、その他関係機関で自殺対策業務に従事する職員 等 自殺対策に関する実践的かつ具体的な知識や技術を習得し、支援技術の向上を図る。
6.自死遺族支援研修会 調整中 一般住民、民間団体、教育関係者、警察・消防職員、市町村職員、地域包括支援センター、県・市社会福祉協議会、保健福祉関係者、医療関係者 等 自死遺族支援の拡充に向け、自死遺族支援の現状や必要性を正しく理解し、ともに前進することを目的とする。

この記事についてのお問い合わせ

青森県立精神保健福祉センター
電話:017-787-3951  FAX:017-787-3956
※メールによるご相談はお受けしておりません。
 また、特定の個人に関する内容(申請に対する審査の進捗状況等)についても、
 メールでのお問合せには回答出来ませんのでご了承ください。

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする